42

23:59

42



仕事の帰りにレイトショーに飛び込んで観賞した『42 世界を変えた男』。
128分で全てを表現するのはとても難しい事だと思う。
ただ、この映画をきっかけに何かを探そうとする人が多くいるに違いないとも思う。
野球だけではなく人種差別だけでもなく本当にいろいろな角度から。

それぞれに深い想いがあったりよく知っている人から観るとかなり物足りなさも感じるのだと思います。
私もそう思う一人だったりするのですが、それでもあえて多くの人に観て欲しいなと。
この映画は42の目次の役目なのでは・・・とふと思いました。


Darkness cannot drive out darkness; only light can do that. Hate cannot drive out hate; only love can do that.(Martin Luther King, Jr.)

闇は、闇で追い払うことはできない。光だけがそれを可能にする。
憎しみは憎しみで追い払うことはできない。愛だけがそれを可能にする.

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. キータン☆ | URL | fzUrxgP2

    ジャッキー!

    私、この映画、夏休みに飛行機の中で見ました!!
    ジャッキーの奥様がクールで素敵な女性だったのが何だか印象的で!

    ホントにこの限られた時間にまとめられる話ではないと思いますが、
    それ以上に社会を周りの人間を変えた激動の時間に、改めて衝撃を受けました!
    信念を持つこと、信じること、立ち止まらないこと…色んな事を考えましたねー。
    そうすれば、誰かが自分を支えてくれるんですよね、不思議と!
    人間、ジャッキー・ロビンソンを見る映画としても興味深かったです。
    今でも語り継がれる42番に、敬意と感謝を表します!

  2. jil | URL | -

    キータン☆さんへ

    アメリカではいまだに『エディー・マフィーは黒人じゃない』『彼らは黒人じゃない、スーパースターだ!』とアフリカ系アメリカ人との差別をする考え方も残っています。
    アメリカの南部ではトイレが別々のところもまだあります。
    私もアメリカにいる頃差別を受けましたが、まだ我慢できる程度。
    ジャッキー達が受けてきた差別は映像に残せないほど更に恐ろしく屈辱的な事が多かったと思います。
    命まで脅かされるような事も沢山あったのでしょう。


    それでも。
    キータン☆さんの言うように『立ち止まらない事』って大切です。
    一人の力をバカにしちゃいけないんですよね。
    大きな力も元を辿れば一人の力。
    立ち止まればただ時は過ぎて風化されてしまう。
    こうやってこのような映画が出来るということは立ち止まっていないという事なんだと思います。

  3. コメックス | URL | -

    13cm

    観たかったけど観れなかったよ!

    オープントゥーヒール!

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks