--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

runs like the wind.

23:23

久しぶりに昔の仲間に合った。



そっか、君は走る人になったんだね。
音楽から離れてちょっとビックリはしたけれどある意味やっぱりそれも君らしいって思える。

そんな事言ってる私自身も今は歌う人じゃなくて最強の偽善者目指してたりする。
あの時絶対言わなかったけどさ、
君は素晴らしいプレイヤーだったと私はずっと思ってた。
君の熱に周りが焦がされちゃうほど凄かった。

だからって許さなくていいし
私も許さないし許されたくないし。

昔からここら辺は変わらないけど、ま、いいか(笑)。


今でも私の中であの音は聞こえてくるから
きっと君にもたまには聞こえてるんじゃないかな。


じゃ、またいつかね。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. キータン | URL | fzUrxgP2

    今も昔も!

    こちらも泣けてしまう程のお言葉。
    素敵な昔の仲間の方ですね!
    でも何より、どちらのjilさんも、きっと輝いていらっしゃるんでしょうね!

  2. jil | URL | -

    キータン☆さんへ

    凄い奴だったんですよね、この友人。
    うーん、友人というよりやっぱり仲間かな・・・。
    だけどお互い言葉足らずでちゃんと素直に会話した事ないんですよね。
    だけどお互い音楽に対する熱い想いは言葉にしなくても伝わってるって言うか。
    一度だけ『うちのバンドに入ってください、ボーカルやってください』って土下座して頼んでくれたあの頃が懐かしかったり。
    この時のバンドで最初に作った曲は数分で出来たんですけど、いまだに私代表曲です(笑)。
    違うバンドでもこの曲をやったりしましたけれど、やっぱり本家本元のメンバーの頃の表現が一番だったりします。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。