--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その先に続く道

01:34

私は年に数回だけ企業や病院で研修の講師をする。

その度にいつも激しい憤りを感じる。
それは研修を受ける社員や職員の方々へではなく・・・。


研修や講習を受けさせ、企業の代表の方は何をしたいのだろう?
受けさせて『はい以上!これで大丈夫!』なんて思っている管理職が多すぎるように感じる。

もちろん研修を受ける社員職員の方にも研修を受ける事によって再確認や
新たなスキルアップに繋げて頂きたいし、受ける側の学ぶスキルも必要ではあります。


でも教育に重点を置いていない企業や病院は研修後は放置プレイだ。
それじゃ時間とお金の浪費にしかなるまい。
『うちはこんな研修受けさせてるんですよ~』って、企業の自己満足でしょ、これじゃ。

そんな中で勉強させられる社員は研修に参加すれば参加するほどヤル気を失くす。


研修の内容をどう業務で活かしていくかは上の人達の大切な役目のはずだ。
それを放置するばかりか改善する気配もなければ意味はない。



最近私は講師のお話が来る度に確認をとる事にしている。
『研修後はどうされるんですか?』ってね。

自分が実際働いた企業や病院でも多くの職員さんから同じ不満が出ていた。
どうせ勉強しても上は何も改善する取り組みをしてくれない・・・ってね。
私は自分が働く職場でそれを変えた。
変えてきた。
管理職だからこそ出来る事はたくさんあるはずだ。
社員職員さんが働きやすい勉強しやすい業務の改善発展を出来るはずだ。
主役は管理職ではない!
縁の下の力持ちであれ、エライのではないのよ。

社員職員さんが活き活きと前向きに働く姿が最高のご褒美なのであって
そしてその先には主役である患者様やお客様がいるんですよ。



なんて・・・ちょっと怒りモードのそんな一日。


その先に続く道を切り開く為の準備をするのはこれを読んで立ち止まってくれた貴方です♪
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。