--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fashion&music

18:42

clutch.jpg


最近10代&20代前半で良く着てた服を取り出しては着る事が多い。
これは今はもうない『Clutch』というブランドのキャミ&タイトロングスカートのセット。
あまりに好き過ぎて色違いをしっかり購入していたり。
ここの洋服は私の身体にしっくりと馴染むところや素材感、色の使い方やラインが本当に素晴らしく
その頃新宿に住んでいた私はよくこのお店に足を運びました。
タイダイ風のムラ染めにも品があるところがまた良いんですよね。
ピチピチだった頃はしっかりヒップハングでヘソ出して着てました~(笑)。
LIVEではやはりTシャツ&ベルボトムが多かったので、普段着でお洒落を楽しんでましたっけ。


で新宿界隈の某スタジオでの事。
その日も確かClutchの服を着てたんだっけ。
某バンドの練習に付いて来た私を見たスタッフの女の子が一言。
『何だかいっつも高そうな洋服着てますよねぇ~』

ん・・・そんなことないんだけどなぁ。
500円で買ったワンピースや靴を身に付ける事も多々あるんだけれど、
彼女が言いたかったのは『貴女と私達の音楽もファッションも違うのよ!』という事だった。
音楽を好きなジャンルで羽交い締めにしやすい人達も多くいる。
私が当時一緒に住んでいた友人はコテコテBLUESやR&Bの人達だった。
私自身昔のR&Bが大好きだったので友人である彼らを尊敬はしていましたが、
Hardなものや色々なジャンルも好む私は彼らの周囲では異端児のようでした。


その頃はバンド仲間3人で住んでいて、その中の一人が人気のあるギターリストだったので
多少のヤッカミはあったんだと思いますが、女子達の風当たりの強い事強い事。
本当はもっと仲良くしたいな~と思っても見下したような視線は変わらず。
ある日我慢出来ずにポロっとその話を一緒に住んでいる仲間にすると

『何言ってんだよぅ~
 jilちゃんさぁ、今度あいつらにさ
 古着臭ぇんだよっ!って言ってやれよ』


と言ってげらげら笑ってくれました。
友人である彼らも『ジャンルとファッションの違い』については
実は私についてよく思っていないんじゃないかと考えてしまっていたので、この時は泣けました。


音楽とファッションはとても密接な繋がりがある場合も。
受け入れられないジャンル同士もあったりね。
でも、まぁ、それぞれのスタイルやこだわりがあるって事なんだと思いました。

誰が何と言おうと迷惑かけなきゃいいんじゃないかと、ね。

あまりにもくだらなくて青臭かった昔話をふと思い出した今日の一日でした(笑)。

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。