Happy marry Christmas!

00:42


                             



               May you have a warm,
            joyful Christmas this year.





               この世に生を受けた全ての人々に穏やかな時間が流れますように・・・



スポンサーサイト

出だしは上々!

08:05

「これまでで最高の会見」とつぶやかれる


これだけ好印象だと『世界のヒーロー』になるのも時間の問題かな?
更にプレーで普段とギャップのある勇ましいプレーをみせたら、それはもう
向こうのファンの心をノックアウト出来る事間違いなしです、絶対。




いってらっしゃい!

22:19

と、笑顔で送ってあげたいのは中島選手。

どうなるんだろうと心配でしたが、結構良い条件で年越しせずに決まってホッとしました。
その反面、やっぱり・・・寂しさもいっぱいです。


西武ドームでキセキが流れた後で
『ナカジ~幸せにしてぇ~』と叫んでいたファンの声援を聞いて
飲み物吹き出しそうになった事も何度かありましたが、もうそれも聞けないんだなぁ・・・。

2012年は私にとって今更の様ですが中島選手の凄さに気付いたシーズンでもありました。
こんなに凄い人なかなかいないでしょうね。
中島選手の隙間は私の中ではしばらく埋められそうもありませんけれど、
アメリカでの活躍がとても楽しみでもあります。

いってらっしゃい、中島さん!
向こうでも思いっ切り暴れてきて欲しいと願っています。


outerwear好きな私の苦悩

13:45

だうん

だうん2

だうん3



昨日、どうしても欲しかったPrimarkのダウンジャケットを購入した・・・・つもりだった。
いつ届くかな~なんてウキウキしながら家に戻ると『返金いたします』のお知らせが。
商品は在庫切れ売切れだったということですね。

はぁ・・・と落ち込んでみても日本で売っていませんし、似たような物って意外に無かったりします。
あのニットワンピースに合わせよう!とか色々考えていたのでショックは大きかった。



で、一度頭の中を整理して楽しみに描いていたコーディネートは無かった事にしようと頑張って切り替える。



写真は某社のカーキー色のダウンコート。
ショート丈が欲しかったんだけれど、これみたら、まっ、いいんじゃない♪と思い考える。
これだと日本でも買えますが、海外取り寄せの方が5,000円も安い!
もちろん、送料等込でね。



いーーーーーっぱいアウター持っててどうするんだという事ですが、
つまりはコーディネートに自信が無い現れなのではないかと自己分析致しました(笑)
もうね、来年こそはアウターは何も買わないで済ますくらいじゃないとね、ダメなんじゃないかと。
わかってるけど、洋服は大好きだから・・・・ねぇ。
こんなことだったらファッション関係のお仕事した方が良かったのかな(笑)。




ある夜の出来事・・・・

22:40

※ちょっとだけ怖い話し。怖いの嫌いな人は読まない方が・・・

その日、私と友人は行きつけの居酒屋で軽く夕食を済ませた後、タクシーである町のカラオケボックスへ。
勝手にお互いなりきりで歌いまくった後、翌日も早いからと23時頃に店を出る。
翌日も楽しい休日だという事でめずらしく私達はハイになっていた。
普段は物静かな私達。←いやいや、本当ですって。暗いですから。
解放感というものが私達に火をつけたような感じで、店を出た後もケタケタ笑いながら歩いていた。

どんな会話から忘れてしまったけれど、私が合唱コンクールの歌を歌いだす。
友人も知っていた曲だったようで一緒に歌い始める。
『そうそう、いきなりここで曲が転調してさ~ランランランってさ始まるよね~』
『あはははは、そうそう!』

学年も学校も違う友人と少しだけ懐かしさを共有出来る事がとても嬉しくて楽しかった。

私達は笑って歌いながら泊っているホテルに帰る為にタクシー会社まで歩いていたのです。
一応大人ですので周りに民家など無い事は確認済みで騒いでいましたとさ(笑)。

で、確認はしてあるけれど、まさか後ろに人が歩いてたりしないよね?と振り向く。
あっ!
おじ様が一人5m位後ろを歩いていらっしゃいました。
でも大丈夫かな?って感じで次は『大地讃頌』を二人で気持ち良く歌い続ける私達。
それからも『今でも壁にぶち当たった時はこの歌の歌詞思い出すんだ~』とか話したり
そのうちに友人は植え込みにいっぱい挿してある某球団の真っ赤なフラッグを指して
『これ明日持って行ってこうやって振り回して~』とかアホな事を言い始め、
『別にいいけど絶対馬鹿だと思われるし誰も近寄らないよぉ~。
 それに危険人物扱いで強制退去かもしれないよ笑!!!!』なんてケラケラ涙流しながら馬鹿話。
あまりに話の内容がクダラナイので一応後ろを確認すると、先程のおじ様は1m位近くに来ていました。
そして私は何かの話を横にいるはずの友人に『だよね?○○ちゃん?』と声を掛けると横にいたのは・・・・








おじ様だった。


友人が横にいない・・・・・(冷汗)
どこにいっただよ・・・と思い振り向くと



友人は歩道から出て、車道にニヘラっとした笑顔で笑って立っていました。
暗闇のその笑顔も引きつっていて超怖いんですけれども。
ん?もしや!?と友人が取った行動を瞬時に理解した私は直ぐに友人に駆け寄って
『ダメだよそんなことしちゃ!男の人は敏感なんだからねっ!
 夜道に変態と勘違いされたって直ぐにバレちゃうんだから!』

一応小声で。


そうなんです、私は友人が先程から私達の後ろを歩いているおじ様がちょっと・・・だと思って
おじ様を私達の先に行ってもらおうとワザワザ車道まで飛び出したんだと考えたのです。
そのおじ様は熊みたいに大きな大きな方だったんですよね~。
ジャージにコートにマフラー巻いてたかな?確か。

友人は『や、だってぇ、そうじゃなくてぇ、地元の人で、うるせぇとか
    怒られそうかもとか思ったから、先に行ってもらおうと思ってぇ(涙)』


でもそれでも変人扱いしたって本人は思ってるはずだよぅーーーなんて友人と鬩ぎ合い。
そのうち私達が入ろうと思っていたローソンにそのおじ様も入って行きました。
まぁ、仕方がない。
ということで、おじ様の後をつける様な形で私達もローソンへ。
人もいっぱいいるし明るいしコンビニは安全♪
なので私達は先程の失礼な行動など忘れたかのようにリラックスして買い物。
友人はおじ様の後ろでお会計を待つ。
私はもう一つのレジへ並ぶ。
友人がおじ様の後ろにいる事がおかし過ぎて彼女に目配せしようと見ると



haiji.jpg

彼女が低燃費少女ハイジのビックリ顔になって私に無声音で何かを訴えているじゃありませんか!
一生懸命身振り手振りで。
はぁ?どうしたのよ一体?

で先程のおじ様はコンビニを出て行き、私はレジでお金を支払い友人の元へ。

『どうしたの?』
『ノモサンデスッ!!!!!』
『え?何飲むかって?』






『さっきの野茂さんですぅぅぅぅううううううううう~!!!』



だから野茂さんですってぇ(大泣)




あ、そう。世界の野茂さんね。



そうですか。




ふーん。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!!!



レジにいたお店の店主さんらしき女性の方が
『そうよ、野茂さんよ。広島キャンプにきていらっしゃるのよね。』






ああああ、私達私達、さっき変人扱いしちゃったんです!
別に何も悪いことしてないのに、夜道だったから、あのあのどうしましょう!!!!


と店主さんに半泣きで先程の事を暴露すると
『大丈夫よ、野茂さんはとっても優しい人だから♪』と慰めてくださいました。






店を出た後、詳しく友人に話を聞くと
何やら大きな熊みたいなおじ様にレジにいた店主の女性が
『頑張ってくださいね!』と声を掛け握手をしていたので、友人はハテ?と思って見てたら
店主の方が『今の野茂さんよ!わからなかったの?』って。


そうですよ、私達わかりませんでしたともっ!
く、暗闇だったし、熊さんみたいにおーーーーーーきかったし。
歌だって野茂さんって気付かずに10分位も歌っちゃったんだからね~
HAH------とかソプラノ響かせちゃったんだからねぇーーーーーーー
それにちょっと怖そうに見えちゃったから、友達なんて車道に飛び出しちゃったしーーーー





野茂さんは多分、ちょっとした買い物にホテルから寝る前に出て来たんだと思います。
今更ですが、本当に申し訳ないとキャンプの時期に思い返し心の中で懺悔しています。
どうしようもない歌声や話を10分近くも聞かされた野茂さん・・・・
ちょっと怖いおじ様と勘違いしてしまって申し訳ありませんでした!!!!!!

★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆


これは確か2011年2月18日か19日の油津での出来事でした。
キャンプの細かい予定表を作っていてふと思い出してしまいました。
そういえば野茂さん、本当に大きな大きな大きな方でした。