--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Each runner advanced to the next base.

12:33


燃え尽きるまで野球を続けたい!<ベースボールチャンネル>

色んな形の道がありますよね。
続きは11月4日だそうで・・・。
スポンサーサイト

熱を持つ瞬間

01:27

今シーズンは私にとってかなり辛いものだった。
自分の事でめいいっぱいになってしまい、仕事でも窮地に追い込まれた。
その為に大好きな野球観戦もほとんど出来なくなってしまって・・・。


言いたい事は山ほどあるけれど言葉と気持ちがごちゃごちゃになって上手く表現できなかった。




そんな中で坂元弥太郎さんと藤田太陽さんの引退。
あぁ・・・そうか、そうなんだ・・・という思いのほかに
私が強烈に覚えている瞬間が目を閉じると浮かんできた。

声の力

この時の私達は太陽さんと一緒にマウンドに立っているような気持ちだったよね。



それと一番強烈だったのはやっぱりあの1球。
それは2011年2月19日の南郷キャンプでの紅白戦。
ピッチャー太陽さんvsバッター友亮さん、この時の1球は私の中でいまだに熱を持っていたりする。
剛球・・・と言えばいいのかな、ネット裏最前列で太陽さんが投げた1球に私と友人は息を飲んだ。
今のは何なんだ?私と友人の口から声にならないような溜息が洩れる。
鳥肌なんてもんじゃない。
その瞬間に全身に熱風が駆け抜けると言えばこの興奮を伝えられるだろうか。
私はこの1球を観る為に遥々南郷まで来たんじゃないかって思ってしまったほど。


弥太郎さんは今年の春野キャンプでの投球が良かった。
あんな近くであんなに真剣な弥太郎さん観る事が出来た。
今までじっくり観た事がなかったのでかなりビックリ。
これは調子いいな~やっぱり凄いや!なんて思う投球をされていて今季は楽しみだったんですよね。
やっぱりこの時もゾクゾクっていう感じと同時に身体が熱を持つ瞬間だった。


寂しい気持ちはもちろんあるんだけど
引退されるお二人に今一番言いたい事は『野球選手になってくれてありがとう!』と。
感動と興奮と夢をありがとうございました!

そしてお疲れさまでした。
これからのお二人の新しい道が明るい光で照らされます様に・・・。



keyman

20:29


『キーマンは全員です』

新監督就任会見での伊原氏の言葉。

そう、その通りだと思います。
この強い一言で私の中の霧が晴れた。

そうなんですよね、全員だ。


そしてファンの私達から言わせてもらうなら
『key personはファンも含めて全員だ!』
ってな感じで。

one scene of a story

20:42

題名の通り【一区切り】。

私にとっての青春でもあった野球やライオンズ。
野球を観るようになってまだ数年の私は渡辺久信監督しか知らない。
なのでライオンズの監督と言えば私にとって渡辺監督なのです。

握手をしてもらった時の大きな手のカサカサ感は他の投手陣と一緒だった。

頭に来る事もあった。
そんな時は必ず監督に怒りをぶつけた。
何故ならば監督だから。
それ位大きな大きな人だから。

その渡辺監督が辞任した事で『あぁ、私の青春も一区切りだなぁ~』って思ったのです。


もちろん来季もライオンズの優勝を夢見て応援するのは間違いないですけれど。



で、個人的にもいろんな事で一区切り付けたくてブログテンプレートも模様替えしてみました。
今まで使用していたテンプレの作者【kyuin】氏には丁寧にカスタマイズ等教えて頂き感謝です!
今まで個人的に使用しなかった赤がメインで素敵なテンプレでかなり気に入っていました♪


さて、これから年末に向けて忙しくなります・・・
一区切り付けたんだから頑張らねばっ!


そういえば、何の間違いか、監督の向かいの部屋になってしまい
迷惑掛けないように閉じこもったりした事もありましたねぇ。
何だか懐かしいです。
あれからもう3年ですね。

2550三振を奪った左腕

03:12








1057_6380.jpg


1068_6381.jpg

1079_6382.jpg

正直、カズさんここで脱ぐかと思って一瞬ビビる私(爆)。
何かするんでないかと勘ぐりすぎでした。




1095_6384.jpg

ずっとね、カズさんが話している間・・・
渡辺監督が優しい笑顔で見守っていたんですよね。






1109_6385.jpg




1146_6379.jpg


1184_6388.jpg


1209_6389.jpg


1282_6391.jpg

1289_6392.jpg


1324_6394.jpg

1332_6396.jpg

スタンドの風景を目に焼き付ける様に見つめるカズさん・・・



1400_6397.jpg

セレモニーの間、応援団の旗ずっと優しく振ってくれていました。



『ファンのみなさんの頑張れコールのおかげで、僕みたいなヘボピッチャーが普通のピッチャーにレベルアップできたのを覚えています』

『みなさんの夢をこれからも西武ライオンズに託しても間違いありません』




カズさん、ありがとう。





一緒に観戦したヤクルト時代からの米野ファンの方から聞いたカズさんと米さんの話。
米さん、この場所に居たかっただろうな・・・と思うとね(涙)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。