--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Each runner advanced to the next base.

12:33


燃え尽きるまで野球を続けたい!<ベースボールチャンネル>

色んな形の道がありますよね。
続きは11月4日だそうで・・・。
スポンサーサイト

2014年8月14日の高山久選手

23:06







258_6493.jpg



名古屋に行った最大の理由は夜景でも観光でもなく・・・・


やっぱりこの方なんですよね。


名古屋球場でバッターボックスに立つ先生観たかったんですよ、本当は。
13日は何故か悪酔いした為に!?行けなかったので14日朝より友人と共に名古屋から鳴尾浜へ。

あぁ・・・それなのに。
途中で電車乗り間違えてしまい時間が掛かってしまいまして。
ほんのちょっとだけしか練習観れなかったという大失態。


でもお元気そうでなにより。





173_6501.jpg


176_6502.jpg


188_6503.jpg


207_6487.jpg


211_6488.jpg


216_6489.jpg


218_6490.jpg


241_6491.jpg


244_6492.jpg

そうだ、この表情。
前はいつでもこんな一生懸命なところをもっといっぱい観れてたんだよなぁ・・・。




271_6495.jpg


267_6494.jpg


打撃投手相手のバッティングでは本人も納得いかずの表情してました。
練習観に来ているファンも少なかったので球音がしっかりと耳に響きます。
写真はあまり撮らずにその姿と音に目と耳を凝らしていましたが、
当たり悪いとスカスカな音が残酷にもしっかり聞こえてくる。




285_6496.jpg


マシンでのバッティングでは調子が乗ってきたのかまずまず本人も納得されてたような。
良くわかってないのに私はニンマリ(笑)。



317_6497.jpg


330_6498.jpg


ボールかなり重いのではないでしょうか。
2台一緒は結構キツイでしょうね。
私だったら力はあるけど真っ直ぐに進まないもの、きっと。
だって運転免許持ってないもの。
あぁ、こういうのって車の運転と結構関係あるらしいです・・・・。



348_6499.jpg


誰かの足跡の上にまた足跡。
絶えず挑戦していないとすぐに消されてしまう。
どの選手もそんな中で踏ん張ってる。

私はそんな中で足跡を残そうとしている高山選手に今も願いを賭ける。



2014.7  ある日の高山久選手

16:17



Some things have changed, but other things have remained the same.


031_6434.jpg

034_6442.jpg

038_6435.jpg



041_6436.jpg

050_6437.jpg

051_6443.jpg

059_6444.jpg



073_6438.jpg

080_6439.jpg



083_6440.jpg

088_6441.jpg



137_6445.jpg

149_6446.jpg

154_6448.jpg

156_6447.jpg

165_6449.jpg


変わったものと変わらないもの

1年という時間はあっという間で、あの時を思い返そうと思えば直ぐに気持ちは瞬間移動出来るのですが、今は戸棚の隅にそっとしまい込んで置きます。

最近ではファームの試合に出られる事の方が少ないですが、今では一緒に試合前の練習に元気に出ている姿が観られます。試合に頻繁に出られるようになったら上が見えて来るのだと思います。




Good job yesterday.

16:12

狩野、高山2ラン!田上3盗塁!中堅も若手もサバイバル必至の練習試合
<岡本育子の新小虎日記>

という事で昨日は試合を観ながら父が大騒ぎしておりましたとの事です(笑)。
この流れが上手く公式戦へ繋がって活躍出来る様期待しています!




熱を持つ瞬間

01:27

今シーズンは私にとってかなり辛いものだった。
自分の事でめいいっぱいになってしまい、仕事でも窮地に追い込まれた。
その為に大好きな野球観戦もほとんど出来なくなってしまって・・・。


言いたい事は山ほどあるけれど言葉と気持ちがごちゃごちゃになって上手く表現できなかった。




そんな中で坂元弥太郎さんと藤田太陽さんの引退。
あぁ・・・そうか、そうなんだ・・・という思いのほかに
私が強烈に覚えている瞬間が目を閉じると浮かんできた。

声の力

この時の私達は太陽さんと一緒にマウンドに立っているような気持ちだったよね。



それと一番強烈だったのはやっぱりあの1球。
それは2011年2月19日の南郷キャンプでの紅白戦。
ピッチャー太陽さんvsバッター友亮さん、この時の1球は私の中でいまだに熱を持っていたりする。
剛球・・・と言えばいいのかな、ネット裏最前列で太陽さんが投げた1球に私と友人は息を飲んだ。
今のは何なんだ?私と友人の口から声にならないような溜息が洩れる。
鳥肌なんてもんじゃない。
その瞬間に全身に熱風が駆け抜けると言えばこの興奮を伝えられるだろうか。
私はこの1球を観る為に遥々南郷まで来たんじゃないかって思ってしまったほど。


弥太郎さんは今年の春野キャンプでの投球が良かった。
あんな近くであんなに真剣な弥太郎さん観る事が出来た。
今までじっくり観た事がなかったのでかなりビックリ。
これは調子いいな~やっぱり凄いや!なんて思う投球をされていて今季は楽しみだったんですよね。
やっぱりこの時もゾクゾクっていう感じと同時に身体が熱を持つ瞬間だった。


寂しい気持ちはもちろんあるんだけど
引退されるお二人に今一番言いたい事は『野球選手になってくれてありがとう!』と。
感動と興奮と夢をありがとうございました!

そしてお疲れさまでした。
これからのお二人の新しい道が明るい光で照らされます様に・・・。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。