本当の理由

14:26



iPhoneからの更新は初めて💦

さてさて本題です。

昨日可愛い友人から電話がありました。
内容は現在恋愛進行中の彼についての話。

何となく何かが違うと思ってしまうとの事。

あ、これはダメそうだな〜。
今までで1番優しくしてくれる彼みたいだけど、確実に友人が冷めているのが伝わってきました。

で、
優しすぎて物足りない…
なんて贅沢な悩みなんでしょう‼️とは思わなかった。

ぜーったい他に何かある。

そこで色々聞いてみると
彼女の口からは冷める原因がいっぱい溢れ出てきて止まらなくなった。

まずはこの間のデートでの彼の格好。
カットソータイプの赤のハイネック
ホワイトジーンズ
黒のコート

黒ハット。



そっか。


私はそれを聞いてもまだ我慢していた。
ダメよ、我慢して冷静に。

でも私には友人の口を止める術はなかった。

その格好を見た友人の頭では



ずーっとこれが流れていたそうだ。

これにはもう私も我慢の限界!
2人して夜中に大爆笑‼️

コスプレだよと本人が言ってくれたら
どれだけ良かった事でしょう。
なのに彼はキメキメのつもりらしく…>_<…

ベムの出来損ない⁉️
(言い過ぎを許して下さい)

ない、ないから。
無理、無理だから💦

男性のハイネックは難しいよ。
相当ハイセンスな人じゃないと上手く着こなせない。
それなのにカットソーの赤のハイネックでしょ?
いつの時代だ…

でも本当はそれが冷める原因じゃなかったんだよね。


長くなるのでその2に続きます(笑)
スポンサーサイト

The best and strongest.

22:05



nakama.jpg


今日友達同士が心の再会を果たした。
もっと早く私が動けば良かったのに、私は自分の事で精一杯でそれに気付かなかった。
昔からのかけがえのない大切な私の友達。
彼らはきっと些細な事で一度離れ離れになっていた。
本当はお互いに相手を想っているのに
お互いに自分の方が悪いってわかっていたのに。

やっと。
死ぬ前に会いたいというその想いは離れていた期間が長くてもきっとお互いに伝わっている事でしょう。

二人は私にとっても本当に大切な家族の様な友達。
私が辛い時に自分を顧みず、私を優しく強く支えてくれていた。

皆それぞれ遠く離れてもやっぱり忘れたりしない。


今回私が辛く全てを投げだそうとその手を振り払っても
優しく、時には厳しく、私を遠くで支えてくれていたり
そっと見守ってくれたり
無理に笑わなくていいよ、泣いたっていいよ、利用していいんだよと
会えない日々も心で繋がっている素敵な友人がいる。

遠く離れていても、会う事が出来なくても
同じ空の下で同じ星の下で
そっとそっと彼ら彼女の幸せを私はいつも祈っている。
たくさんのありがとうという感謝を込めて。

私に出来る事は彼らの幸せを祈る事。
そしてもしもの時に助けてと叫ぶ声が届いたら
私は微力ながら彼らに会いに行く。

遠く遠く離れていても一緒だから。

私が見上げる空はちゃんといつだって私達を繋げている。


ありがとう。
全ての最高で最強の友達に感謝を込めて・・・。










BRIGHTON HOTEL TOKYO BAY ~The 3 style~

14:58



2015年1月12日。

浦安にあるブライトンホテルに一泊二日のプチ旅行の時の写真。
ワンランク上のThe Floor PREMIUM DOORSのThe 3 styleというお部屋に泊まりました♪
あれ、でも、カメラ持って行ったのにあんまり写真撮って無かったんだった・・・

○| ̄|_


広さはあまりないけれど、ここは私にとっては全てが居心地が良かった。
他のハイクラスホテルに比べてもアメニティも驚くほど揃っている。
しかもバラ風呂♪
あぁ。。。それも撮って無いや。
でも、この日は確か撮るのを自分から辞めちゃったんだよね。
この目にこの心に出来るだけ焼き付けて置きたかったんだ。



004_convert_20160531154127.jpg


005_convert_20160531154409.jpg

絨毯にも部屋番号がありました。



001_convert_20160531153707.jpg


089_convert_20160531155248.jpg

部屋の大きな窓から見える夜景。
絶景の夜景とは違うけど、今までで一番好きな夜景だったりします。
道が真っ直ぐ続いている。
きっときっと私もこのままこうやって歩いて行くのかなって思ってました。



088_convert_20160531154628.jpg



093_convert_20160531155427.jpg



101_convert_20160531160050.jpg



100_convert_20160531160009.jpg



122_convert_20160531160216.jpg


大きな窓からは飛行機が飛び立つ様子も見れたリしていたんだけど、
気付いたら花火が!


これにはちょっとびっくり!
ホテル近辺にあるディズニーランドの花火でした。
イベントがなさそうな平日なのになぜ???と思ったのですが、
ディズニーランドは夜には毎日花火上がってるんですね~
知らなかった私には本当に嬉しいサプライズに感じました。



この時はただただ、今この瞬間を愛しいと純粋に思っている一番幸せな時だったかもしれない。


そうだ。
またこのホテルにこの部屋に行こう。
花火を観に、写真のリベンジに。
そして
自分の心を休めに行こう。
仕事頑張った御褒美にね(笑)。


変更出来ず格闘中!

14:42


もう去年からこのブログのprofileを変更を何度もしているのに変わっていないのは何故?
これは私が悪いのか、FC2が悪いのか、どっちかだ。

うーん、多分FC2でしょ?
どうにかなんないものでしょうかね。


Beautiful days   鴨川館別邸ラ・松蘆 専用ラウンジ

14:58






4月13日~16日まで千葉鴨川現実逃避の旅に行ってきました。

旅行もブログ更新も本当に久々。
tagの使い方もだいぶ忘れてきちゃったりしてました。
でもどうにか打てば覚えているもんですね。

自分の想い出用と友達に見せろ見せろとせかされてやっと今日写真の整理を始めたところです(笑)。




さてさて。
やっと楽しみにしていたラ松蘆に着きました!

チェックインは15時からだったのですが14時台に到着したら
お部屋の準備が整っているという事で少しだけ早めにチェックイン出来ました。


鴨川館のロビーの先にラ松蘆専用の扉があります。
実はその扉撮り忘れというか、鴨川館の人の前でカメラ出すのが恥ずかしかったというかで
結局撮れなかった・・・○| ̄|_


その扉はある部分に手を翳すと開きますが
更にその先にも2枚目の扉あり(笑)
それはルームキーをある部分に翳すと開きます。


ラ松蘆専用ラウンジ①


2枚目の扉が開くとラ松蘆専用のラウンジへ。
こちらでウエルカムドリンクのびわジュースを飲みながらゆっくりチェックイン。
ここだけでも広くてキレイでした。
もうこの時点で私はウキウキだったな(笑)。

チェックインは宿泊の3日間を担当してくださる専用バトラーSさんがやってくれました。
話しやすさ穏やかさ優しい笑顔のおもてなしでストレスも一気に吹っ飛ぶ感じ。
特別感を感じられます。





ラ松蘆専用ラウンジ②

ラ松蘆専用ラウンジ

ラ松蘆専用ラウンジ③

ちょっとしたコーヒーや紅茶のフリードリンクやお菓子が置いてあります。
うーん、部屋にこのタイプのコーヒーメーカおいて欲しかったかな~。
わざわざここに来るのもね。
お菓子類ももう少しだけ充実させて欲しかったな・・・

とか、ちょっとした不満はありますが
そーんな事大したことではないんです。
だって本当に素敵な空間だったから、帳消しどころか実は大満足なんです(笑)。

欲深いな、私・・・。


ラ松蘆専用ラウンジ④


ちょっとしたライブラリー。
DVDはもっとあった方が良いと思いました。
どうしても観たいのがなかったかな。


さて、この続きはまた後で・・・